神経症状

神経症状とは、交通事故においては、外傷によって起こる痛み、しびれといった症状が後遺障害等級の12級13号、あるいは14級9号に該当する可能性があるものをいいます。

交通事故のむち打ち症の傷病名(典型例)
  ・頚部挫傷
  ・外傷性頚部症候群
  ・バレリュー症候群
  ・頚椎椎間板ヘルニア
  ・頚椎症
  ・脳脊髄液減少症

交通事故で多数発生する、いわゆるむち打ち事案では、末梢神経障害が生じることがあり、そのため、様々な神経症状が生じます。

神経症状については、12級は障害の存在が医学的に証明できる場合に、14級は障害の存在が医学的に説明可能な場合に、認定されます。他覚症状が認められることが前提で、痛みやしびれがMRIなどの画像により裏付けられていると等級が認められやすくなります。

等級             認定基準
・12級13号…局部に頑固な神経症状を残すもの
・14級9号…局部に神経症状をのこすもの
・非該当…自賠責基準では、局部に神経症状が残ったとはいえないもの

<具体的な検査例>
  ・画像診断(レントゲン、CT、MRI、脳血管撮影)
  ・脳波検査
  ・深部腱反射検査
  ・病的反射検査

   (ホフマン検査、トレムナー検査、バビンスキー反射、膝クローヌス、足クローヌスなど)
  ・スパーリングテスト
  ・ジャクソンテスト
  ・筋電図検査
  ・神経伝達速度検査
  ・徒手筋力検査(MMT)
  ・筋委縮検査