診療報酬明細書(レセプト)

診療報酬明細書(レセプト)とは、患者が受けた診療について、病院が発行する治療費等の明細のことをいいます。診療報酬明細書には、診療の種類、内容、点数、金額、通院日などが記載されています。診療報酬明細書の種類は、入院・外来・歯科・調剤の4種類です。

診療報酬明細書は、保険者(市町村や健康保険組合等)に請求する医療費の明細書であり、医療機関等で実際にかかった医療費のうち、患者が負担した医療費の残りを保険者に請求するものです。

診療報酬明細書は、被保険者毎に医療機関等が月単位で作成されます。また、診療行為毎に診療報酬点数が決められており、医療機関等はこの点数を合算して、保険者に医療費を請求します。

診療報酬明細書は交通事故の損害賠償請求においても非常に重要な役割を果たすものです。診療報酬明細書を見ることで、治療費の総額入通院日数休業損害がどの程度、請求可能かなど、交通事故の被害者の損害賠償請求を立てる上で必要不可欠な情報が分かります。また、その診療が健康保険の適用を受けたものなのか、自由診療扱いになっているのかなどの情報も分かります。

2010年4月から、患者に対する医療費の「診療報酬明細書」の無償発行が医療機関等に対して、原則として義務化されています。

交通事故について弁護士に相談される際にも、診療報酬明細書があれば、よりスムーズにご相談を行うことができます。