脊髄損傷

脊髄損傷とは、交通事故によって、脊髄に外力が加わった結果、脊髄の断裂などが生じ、体の麻痺等がもたらされるという障害が発生することをいいます。

脊髄とは脳から背骨の中を通って伸びている太い神経のようなものです。

脊髄の損傷は外傷によるものが多く、具体的には椎骨の骨折や脱臼により起こります。また、このような外的要因だけでなく、疾病などによる脊髄腫瘍やヘルニアなど内的要因によっても類似の障害が発生することがあります。

医学的に脊髄が損傷すると、様々な障害が発生し、手足が動かなくなり、感覚もなくなるなどの重篤な症状が現れるとされています。

脊髄損傷の中でも、怪我の位置が頭に近いほど麻痺してしまう範囲が広くなり、障害も重度になることが一般です。脊髄は、人体の重要な部分であり、一度、損傷してしまうと修復されることがないといわれていました。もっとも、近時の医学の進歩によって、非常に困難ながらも現在では中枢神経の回復が成熟した神経回路でも起こることが証明されています。

通常の単純X線撮影だけでは見逃してしまうような箇所もあるので、なるべくCTMRI撮影を行った方がよいものです。

後遺障害の認定等級は通常1級1号となっていますが、被害者及びその家族には、非常に重度の負担がかかり、また、賠償金額も多額になるため、民事責任追及の場面においても非常に激しく争われることが多い、後遺障害といえます。