葬儀費用

交通死亡事故による葬儀費用とは、単に葬儀を実施するための費用以外にも、訪問客の接待や遺体の処置、その後の四十九日の法要や供養などを執り行うために必要となる費用、仏壇・仏具の購入費、墓碑建立費等が含まれます。

人はいずれ死ぬものであり、亡くなれば葬儀を行うことを普通であるのに、交通事故によって死亡した場合にだけ、その費用を交通事故の加害者に負担させることができるのは疑問との考え方から反対する意見もあります。

しかし、被害者を死亡させた加害者に葬儀費用を負担させるのは当然であるとの世間の感情、また葬儀費用には一種の慰謝料的な性格が含まれているとの考え方などから、現在では、加害者に葬儀費用を負担させる運用がなされています。

葬儀費用については、金額の目安が定められており、自賠責保険の基準では、原則として60万円、必要かつ相当な出費であれば100万円を上限に認められます。また、裁判所基準(裁判をしたならば認められる基準)では、定額化が図られており、原則150万円が上限となっています。なお、現実の支出額が150万円を下回る場合には、実際の支出額の範囲内で賠償額が決められます。

上記の金額を上回るような場合には、具体的な事情、根拠をもとに、例外的にそれ以上の支出が認められることもあります。