損害保険料率算出機構

損害保険料率算出機構とは、その前身である損害保険料率算定会と自動車保険料率算定会が統合して設立された料率算出団体であり、主な業務は、参考純率と基準料率の算出・提供および自賠責保険の損害調査を行う機構をいいます。 

「損害保険料率算出団体に関する法律」に基づいて設立された日本で唯一の料率算出団体で、損害保険業の健全な発達と保険契約者等の利益の確保を目的としています。

交通事故において、具体的な損害の調査後遺障害の等級認定は、損害保険料算出機構の内部組織である自賠責損害調査事務所が行います。

後遺障害の等級認定については、医師や任意保険会社が行うのではなく、独立した専門組織である損害保険料率算出機構によって行われます。